<cite id="dndtz"><video id="dndtz"></video></cite>
<menuitem id="dndtz"></menuitem>
<var id="dndtz"></var>
<var id="dndtz"></var>
<var id="dndtz"></var>
<cite id="dndtz"></cite>
<var id="dndtz"><video id="dndtz"><menuitem id="dndtz"></menuitem></video></var>
<var id="dndtz"><video id="dndtz"></video></var>
<var id="dndtz"></var>
<menuitem id="dndtz"></menuitem>

トップページ > ソリューション > キャラクター?版権ビジネス

キャラクター?版権ビジネス

キャラクターの起用は、親しみやすさへの近道

一般的に市場では、同じ商品やサービスであっても、キャラクターやブランドの付いているものは、同じ値段の何も付いていない同様の商品?サービスと比べ、高そうに見えたり価値があるように思えたり、選ばれやすい傾向があります。
こういったブランド?ライセンスの付與によって、既存の商品価値から數段高い価格の設定が可能になり、時間やコストをかけずに商品の認知度向上や個性等の付加価値を備える事が可能になります。また、ブランドやキャラクター商品は、ユーザーが購入する際の「目印」や「こだわり」となり、収集意欲を促す効果やリピートへとつながります。
エディアは、アニメやキャラクターをはじめとするライセンス商品化に必要な調査や、諸條件の交渉、ビジネスプラン、契約など、様々な業務をサポート。キャラクターなどの版権を利用した企畫提案を行い、貴社の商品やサービスの認知度?浸透度を向上させることで、利益拡大のお手伝いをいたします。

視覚的に演出することで、新たな顧客を開拓〈事例:きせかえ機能〉

カーナビゲーションの畫面は、細かな仕様は違えど表示されているものはどの製品も殆ど変わりがありません。エディアは、このあまり変化のないナビゲーション畫面の、更なるエンターテイメント化を図るため、「きせかえ」機能を開発いたしました。この「きせかえ」機能は、「聲優ナビ」の機能を更に拡大し、音聲だけでなく、自車アイコンや畫面上のあらゆる素材をまとめて著せ替える事が可能になります。
また、「きせかえ」機能では、案內用の音聲だけでなく、新たにインフォメーションガイダンス用音聲にも対応し、ユーザーの利用狀況に応じて専用の音聲が再生されるほか、現在地を表示するマークも3Dモデルデータを使用しております。
更に、アニメのキャラクターや蕓能人などの著名人を採用することで、トータル的な演出を行い、ファンに対して新たなアプローチを行うと同時に、既存のユーザーとは違った層の取り込みも可能にしています。

生活情報とエンターテイメントの融合〈事例:萌えテレ〉

〈萌えテレ〉は、天気予報と占いをキャラクターが音聲付で案內してくれるスマートフォン用のアプリケーションです。多くの方が朝出掛ける前に、TV番組でその日の天気予報と運勢占いを視聴する傾向があることに著目し、その利用頻度の高い生活情報と、エディアのエンターテイメント性を融合したサービスの提供を目指して開発を行いました。
〈萌えテレ〉では、天気予報や占いといった無料で得ることのできる情報に対して、お気に入り人物の「聲」でアナウンスするという新たな付加価値を加えることで、他の天気予報アプリとの差別化を図り、ユーザーの満足度を高めることに成功しています。さらに、毎日使用して頂くことを想定し、利用頻度に応じたレア音聲の公開や、狀況に応じて変化する衣裝の切替など、末永く使って頂くための様々な要素や機能も盛り込まれています。
また〈萌えテレ〉の基本的なアプリケーションプラットフォームをご利用頂くことによって、貴社のタレント様やキャラクターなどを〈萌えテレ〉のアナウンサーとして登場させることができますので、貴社のオリジナルアプリとしての販売や、商品のプロモーション活動などでご活用して頂くことも可能です。

男人添女人P免费视频,日本久久久久精品免费网播放,欧美亚洲色欲色一欲WWW,AV无码A在线观看
<cite id="dndtz"><video id="dndtz"></video></cite>
<menuitem id="dndtz"></menuitem>
<var id="dndtz"></var>
<var id="dndtz"></var>
<var id="dndtz"></var>
<cite id="dndtz"></cite>
<var id="dndtz"><video id="dndtz"><menuitem id="dndtz"></menuitem></video></var>
<var id="dndtz"><video id="dndtz"></video></var>
<var id="dndtz"></var>
<menuitem id="dndtz"></menuitem>